メニューへ移動する


Home >> ヨガレッスン

ヨガレッスン

Profile

Author : TAZUKO NAKATANI

教えているのはこんな人:
16年前、原因不明の体調不良を改善するためヨガを始める。以来ヨガとサーフィンを通じて、完全回復しヨガを自分の人生の中心に置くことを決意。師を通して、海外のヨガスタイルに触れインスパイアされる。世界を広げるため、2000年、ヨガ・サーフィン三昧の単身渡米。
サンディエゴ→サンフランシスコまで、単身アメリカ西海岸縦断の海外放浪を経験する。現地でTTCを修了。帰国後は、IYCインターナショナルヨガセンターや首都圏各地でフリーのインストラクターとしてヨガを教える。近年では2007年4月までヨガスタジオ東京(渋谷)、2008年SHIZENヨガスタジオ(吉祥寺)にて講師をつとめる。
2008年3月に自宅にて「YCSヨガコモシャンティ」を立ち上げ、ヨガは、マンツーマンの指導が伝統であり原則となるため、指導は少人数制にこだわっている。海外で習得したアイアンガーヨガ・シャドウヨガ・アシュタンガヨガの理論と実践をベースに独自のスタイルでレッスンを行っている。

解剖学、アーユルヴェーダ、ヴェーダンタ哲学、東洋医学、経絡マルマ理論、運動生理学、アロマテラピー、ボディコンディショニングなどを学び、身体の個性とエネルギーの流れなどを重視したバランス理論を構築。

「しなやかなココロと身体」が常に人生目標。

  • --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

top


  • 2016-12-20(Tue)
  • Com 0
①動きやすい服装
 (自分が動きやすいということと、筋肉や関節の動きを見て
 アドバイスを受けたいなら先生にとって身体の線が見える服装。
 薄手の服装がお勧めです)
②裸足(レッスン中は裸足になれるようにしてください)
③マット(自分のものがあれば持参してください)
④空腹 (食後すぐだと身体をねじったり、ポーズをしたときに不快感
 があります。きるだけ軽い食事ですませるか、女性の場合には食後
 2時間くらいは空けてください)
⑤水分(必要な方はご自由に)
⑥ハンドタオル(シャバアサナの際に、使うことがあります。なくても可)

①②④はぜひ!!③はあれば。(なければ初回はお貸しします)

スポンサーサイト

top


  • 2016-08-29(Mon)
  • Com 0


リラックスヨガクラス(火曜日19:30~21:00)
では、こんな感じでキャンドルと薄明りのもと、呼吸と自分自身にフォーカス
してヨガを行っていきます。身体の動かし方とか、伸ばし方とか、知ってほし
いことはたくさんありますが、まずは!呼吸と時間と空間の自然な流れに身
を任せて自由に、のびのびと身体を動かしてみてください。気持ちいいな~
と思うことがまず最初の素敵な体験となることでしょう。
一日の疲れを、プライベートな空間で、リリースしてみませんか?

top


  • 2015-09-02(Wed)
  • Com 0
IMG_1521.jpg
AVEDAのチャクラバランスミスト。
ヨガの前や瞑想、シャバアサナの時に使っています。
生徒さんは、思い思いに好きな香りを選び、チャクラを調えたり楽しんだりしています♪

ヨガや瞑想を通じて、内側からクレンジングを行った後は、AVEDAのミストに包まれて
ゆっくりとシャバアサナ(リラクゼーションタイム)を味わいましょう。。。。

top


  • 2014-07-20(Sun)
  • Com 0
 アーユルヴェーダとヨガには、きっても切れない深い関係があります。
アーユルヴェーダとは、一般に広く代替医療として理解されますが、
より深淵な生命医学だと理解してください。

生命とはなにか、人間とは何か、こころとは何か、
命はどこからやってきて何処へと帰って行くのか、
物理や粒子や宗教も超えた大いなる話です。

ヨガは、それらのアーユルヴェーダの世界観を
共通の基礎とするため、ヨガを理解するためには
アーユルヴェーダを理解しておくことは
非常に役立ます。
アーユルヴェーダの深い理解は、ヨガティーチャー
に必須の資質となっていますので、
最近ではアーユルヴェーダをTTコースの必修科目
とされる認定コースも多いでしょう。

ところで、アーユルヴェーダの中で、もっとも基礎的で
重要なパートは、生命のなりたちです。
命とは何か。
ヨガでも、神や神話の世界をモチーフにギータに
描かれますが、アーユルヴェーダはもっと科学的
物理的な考察です。









top


  • 2013-11-18(Mon)
  • Com 0
 ヨガのエッセンスは、端的に言えば、自分(己)を知るということを、
「身体」を通して深めていけるという部分ではないかと思う。

 ハタヨガは、まさにそのための絶好のツールである。
 
己を知ることは、それ自体が生きることそのもので、
それだけでも十分に興味深く楽しいものだが、身体も
また、自分のものでありながら、正しく理解し、受け入れて
使わせてもらっている人は少ない。

身体を知り、正しく使いこなし、コントロールすることが
できることは、それ自体もまた楽しいプロセスである。

ゴールを目指しながら、歩むプロセス自体がまた、楽しい目的でもある。
究極の旅である。

☆☆
ハタヨガ・ベーシッククラス    火曜日・木曜日  午前10:00-11:30
 マタニティ・ヨガ(通常クラスで参加可)

ハタヨガ・ナイトリラックスクラス  火曜日・木曜日  午後19:15-20:45
マタニティ・ヨガ(参加可能)
☆☆☆
週末ワークショップ       不定期
瞑想・呼吸法   不定期
サットサンガ

top


  • 2012-02-07(Tue)
  • Com 0
★1 できるだけ動きやすい格好で参加すること
★2 あまり厚着しないこと(冬場)
★3 できるだけ快適なマットを使うこと
★4 まわりを気にしないこと
★5 がまんしないこと
★6 ルーズになりすぎないこと


今日思いつくのは、そんな感じです。
★1~3
レッスンでは、動きに注意を払うことがもっとも重要なので、
レッスン中の衣服やマットのチョイスは、よく考えましょう。
別に、かっこいいウエアに身を包む必要はありません。
伸びたいところまで伸縮するウエアかどうか、下着のラインを
気にする方もいますが、ここは女性専用スタジオです。
気にする必要はまったくないです。
特に、冬場は何枚も重ね着したままレッスンを受けるかたも
いますが、ウォーミングアップが終わったら、上着は脱いで
一枚になるほうがいいでしょう。
先生は、身体の動きや筋肉のはり具合、身体のバランス、アサナ中の
筋肉や関節の動きに注意を払います。生徒さんをパッとみたときに
どのような筋肉の動きをしているのか、関節の向きがどっちか、
わかりにくいとアドバイスもしにくいものです。
同様に、マットのチョイスは重要です。
率直に言って、薄くて長く座っていると痛くなったり、手や足が
すべってしまってポーズに集中できないマットを使っていては、
いつまでも感じるコトや味わうこと、変化に敏感になることができないので
進歩しません。何かを本気でやろうと思うと、道具選びはとても重要になります。
(ヨガに限らず、どんな習い事でもそうです。うまい人はいいものを使いますよね)

★4
まったく新しい場所で、新しく何かを始める時には、なかなかリラックスできない
ものですが、ある程度慣れてきたら、自分で自分の世界を作ってしまいましょう。
自分らしさを存分に発揮して、遠慮なく先生にアドバイスを求めたり、質問したり
すること、周りの人を気にせずに、自分らしくどこでも振舞えること、それがこころ
を穏やかに保つことへとつながります。苦手なことでも、得意なことでも変わらない、
自分自身に集中する・没頭することが上達のポイントです。(ヨガに上達という概念
が当てはまるかは、微妙ですが)

★5~6
我慢しない、無理しない姿勢と、集中する、テンションを揚げる、頑張ろうという
意欲を持つことは、両立します。これを持続的にさせる必要があります。
最初のうちは、すごく頑張って熱中するけれども、すぐに飽きてしまってすべて
手放して、やらなかったことになってしまう。もしくは、続くけれども、あまり
意欲はなく、なんとなく続けているという状態。これは両極端かと思いますが、
どちらもヨガ的状態とはいえません。ヨガは、単なるエクササイズではないので、
頑張りすぎないと同時にレイジーになりすぎないことも大事なのです。

毎日やるのがいいでしょう。もし毎日できなければ2日に1回、2日に1回出来なければ
3日に1回、4日に1回・・・・・自分なりのルールを設けましょう。
自分のルールは、自分で決めて物ですから、誰かに強制されなくても守りましょう。
やらなかったら、誰かに(特に先生には必要ないです!)謝る必要はありません。
自分自身に謝りましょう。今日は、自分との約束を果たせなかった。ごめんなさい、と。
その瞬間が自分と向き合う瞑想の時間となります。祈りと内省の時間です。
瞑想や内省の時間は、どんなに時間が無くてもかならず毎日つくるべきだと思います。
人間というのは、常に楽なほうに習性がうごくものです。それを自分で律していくという
態度そのものがヨガの本質といっても過言ではありません。
それがヨガを続けることのひとつの意味であると考えると、それが止むときはありません。
アサナとしてのヨガは、本当に一部の部分にしか過ぎません。
しかし、私達には、肉体があり、それが自然と衰えていくのです。
それは命あるものの性ですから、変えようが無いのですが、衰え(あるいは
変化というべきでしょうか)を穏やかに、緩やかにして、不快を感じないように、
快適にカラダもココロも熟成していくのがヨガです。

OM SHANTIH

top




ページ先頭へ戻る


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。