FC2ブログ

メニューへ移動する


Home >> ヨガレッスン

ヨガレッスン

Profile

Author : TAZUKO NAKATANI

教えているのはこんな人:
1998年頃、原因不明の体調不良を改善するためヨガを始める。以来ヨガとサーフィンを通じて、完全回復しヨガを自分の人生の中心に置くことを決意。師を通して、海外のヨガスタイルに触れインスパイアされる。世界を広げるため、2000年、ヨガ・サーフィン三昧の単身渡米。
サンディエゴ→サンフランシスコまで、単身アメリカ西海岸縦断の海外放浪を経験する。現地でTTCを修了。帰国後は、IYCインターナショナルヨガセンターや首都圏各地でフリーのインストラクターとしてヨガを教える。近年では2007年4月までヨガスタジオ東京(渋谷)、2008年SHIZENヨガスタジオ(吉祥寺)にて講師をつとめる。
2008年3月に自宅にて「YCSヨガコモシャンティ」を立ち上げ、ヨガは、マンツーマンの指導が伝統であり原則となるため、指導は少人数制にこだわっている。海外で習得したアイアンガーヨガ・シャドウヨガ・アシュタンガヨガの理論と実践をベースに独自のスタイルでレッスンを行っている。

解剖学、アーユルヴェーダ、ヴェーダンタ哲学、東洋医学、経絡マルマ理論、運動生理学、アロマテラピー、ボディコンディショニングなどを学び、身体の個性とエネルギーの流れなどを重視したバランス理論を構築。以後、身体に関する新しい理論や心身を調えることに関して向学中。

「しなやかなココロと身体」が常に人生目標。

  • --------(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

top


  • 2018-09-23(Sun)
  • Com 0
<土曜日のレッスンについて> レベル2-3
日ごろのアサナレッスンだけではクリアにできない、身体のコンディションを自分自身で観察し
見極めて、調整できるようにしていくことを目的としたレッスンです。
自分自身の身体に向き合い、ココロにも向き合いながら、より深いアプローチで身体を改善し、
ヨガの奥行きを感じるものにしていきます。
小人数で、できれば登録制にしていくことで、マンツーマンレッスンのエッセンスを用いて、しっかりと一人一人の
身体と向き合いながら、調整方法や必要なコンディショニングも入れていきます。
Ayurvedaの基本的な考え方や、ヨガの哲学Vedantaを取り入れながら、座学、解剖学、セラピー、
呼吸法、瞑想法などのさまざまな要素を織り込み、レッスンを行いシリーズ的に展開していきたいと思います。
スポンサーサイト

top


  • 2018-04-01(Sun)
  • Com 0
現在ヨガレッスン(グループ)は、水曜日の日中2レッスン、土曜日午後のレッスンです。
今後、日程が変わることもありますが、4月いっぱいは現状のままになります。
スケジュールは変更がありますので、ご興味を持っていただいた方には、サイトのチェックをしていただくよう
お願いいたします。

top


  • 2018-03-18(Sun)
  • Com 0
<個人レッスン&パーソナルトレーニングについて>
 ComoShantihでは、ヨガに限らず身体を鍛錬し、姿勢を修正したりして、調った身体を手に入れることが
 パーフォーマンスを向上させたり、メンタルを調えたり、身体とココロをバランスして活性化すること
 につながると考え、そういった様々な手法を取り入れて日常的にトレーニングすることを勧めています。
 
 各個人の身体や性格は、みな異なります。その人にあった方法で、その人に必要な量のトレーニング
 を必要な部位に積み重ねることが、強くしなやかな身体を作っていくためには必要です。
 もちろん負荷の強いトレーニングが好きな方もいれば、できるだけ穏やかで段階的な方法を好むかたもいます。
 そういった個性に合わせたレッスンで身体を調整していくことを目的とします。グループレッスンではフォロー
 しきれない個人のニーズに合わせたカスタマイズレッスンです。

 パーソナルなトレーニングは、アスリートの方のもののようなイメージがありますが、そういったトレーニングは
 むしろ身体を動かす機会や習慣がなかったり、どこか身体の不調があって気になっているけど病院に行っても病気
 ではない、回復しないといった不定愁訴や違和感を感じている方ほど必要だともいえます。
 
 参加者は、自分の家で自分で練習する時間を作れないとか、自分の家だとやる気が出ないとか、何をやったらいいのか 
 わからないといった声もあり、定期的に通われる方、ポイント的にレッスンを受ける方など様々です。
 私は基本的に、自分の身体は自分でメンテナンスするしかない、(誰かにみてもらったり、誰かに治してもらう
 というのは、できないのだと思います。自分の身体なのに、宿主である自分がそれを理解していない、持ち主が
 わからない症状や不具合や違和感を、自分以外の人が治療できるか?と考えたら「何か違うんだよね」
 と思うのは、当たり前だと思います。では、長い人生を健康な体とこころで楽しく生きるにはどうするか?   
 自分で、こつこつ自分の身体に向き合うという気持ちをできるだけ早く持つことがポイントです。治す、改善する
 ための手段は時には病院だったり、治療院だったり、マッサージだったりするかもしれません。それはもちろん
 アリです!それが最速手段であることも多々あります。ですが、基本は自分でメンテナンスです。

 小さなアンバランスは、こつこつ続ける小さなメンテナンスで修正可能ですが、大きくなったアンバランスは、
 それを元に戻すだけでも、多大な忍耐力やエネルギ―が必要になります。省エネで効率的な身体、いつもバランス
 できるフレキシブルな身体は、ちょっとしたメンテによって実現可能です。
 そういったメンテナンスは、マンツーマンでの個人レッスンやパーソナルトレーニングによって行うしかないので
 そんな考え方に共感していただける方、興味を持っていただける方は、お気軽に問い合わせてください。

top


  • 2017-09-24(Sun)
  • Com 0
ヨガのレッスンで大事なのは、真摯に自分のココロと身体に向き合おうとする気持ちと
空っぽの頭とお腹。そして薄着です。(笑

これからの季節は、寒くなるのでみんな厚着をしがちですね。
でも、きちんと五感に耳を澄ませ向き合う気持ちがあるのならば
レッスンで自分に向き合う時には、皮膚感覚の研ぎ澄まされる
薄着をお勧めします。動きやすい薄着、、、、でもこれというきまった
スタイルがあるわけではなので、自由ですよ。
ピタとした衣服を身につけると、身体が引き締まりますよね。
そしてココロもシャンとして皮膚感覚が鋭敏になります。
そういった気持ちも大事ですね。

大切な時間を過ごすわけですから、それに向き合う準備は怠りなく・・・・。
おうちヨガやネットヨガ、DVDでは絶対に味わえない、シャンとした時間を
一緒に過ごしましょう。

YCS  合掌

top


  • 2016-12-20(Tue)
  • Com 0
①動きやすい服装
 (自分が動きやすいということと、筋肉や関節の動きを見て
 アドバイスを受けたいなら先生にとって身体の線が見える服装。
 薄手の服装がお勧めです)
②裸足(レッスン中は裸足になれるようにしてください)
③マット(自分のものがあれば持参してください)
④空腹 (食後すぐだと身体をねじったり、ポーズをしたときに不快感
 があります。きるだけ軽い食事ですませるか、女性の場合には食後
 2時間くらいは空けてください)
⑤水分(必要な方はご自由に)
⑥ハンドタオル(シャバアサナの際に、使うことがあります。なくても可)

①②④はぜひ!!③はあれば。(なければ初回はお貸しします)

top


  • 2016-08-29(Mon)
  • Com 0


リラックスヨガクラス(火曜日19:30~21:00)
では、こんな感じでキャンドルと薄明りのもと、呼吸と自分自身にフォーカス
してヨガを行っていきます。身体の動かし方とか、伸ばし方とか、知ってほし
いことはたくさんありますが、まずは!呼吸と時間と空間の自然な流れに身
を任せて自由に、のびのびと身体を動かしてみてください。気持ちいいな~
と思うことがまず最初の素敵な体験となることでしょう。
一日の疲れを、プライベートな空間で、リリースしてみませんか?

top


  • 2015-09-02(Wed)
  • Com 0
IMG_1521.jpg
AVEDAのチャクラバランスミスト。
ヨガの前や瞑想、シャバアサナの時に使っています。
生徒さんは、思い思いに好きな香りを選び、チャクラを調えたり楽しんだりしています♪

ヨガや瞑想を通じて、内側からクレンジングを行った後は、AVEDAのミストに包まれて
ゆっくりとシャバアサナ(リラクゼーションタイム)を味わいましょう。。。。

top


  • 2014-07-20(Sun)
  • Com 0
 アーユルヴェーダとヨガには、きっても切れない深い関係があります。
アーユルヴェーダとは、一般に広く代替医療として理解されますが、
より深淵な生命医学だと理解してください。

生命とはなにか、人間とは何か、こころとは何か、
命はどこからやってきて何処へと帰って行くのか、
物理や粒子や宗教も超えた大いなる話です。

ヨガは、それらのアーユルヴェーダの世界観を
共通の基礎とするため、ヨガを理解するためには
アーユルヴェーダを理解しておくことは
非常に役立ます。
アーユルヴェーダの深い理解は、ヨガティーチャー
に必須の資質となっていますので、
最近ではアーユルヴェーダをTTコースの必修科目
とされる認定コースも多いでしょう。

ところで、アーユルヴェーダの中で、もっとも基礎的で
重要なパートは、生命のなりたちです。
命とは何か。
ヨガでも、神や神話の世界をモチーフにギータに
描かれますが、アーユルヴェーダはもっと科学的
物理的な考察です。









top


  • 2013-11-18(Mon)
  • Com 0
 ヨガのエッセンスは、端的に言えば、自分(己)を知るということを、
「身体」を通して深めていけるという部分ではないかと思う。

 ハタヨガは、まさにそのための絶好のツールである。
 
己を知ることは、それ自体が生きることそのもので、
それだけでも十分に興味深く楽しいものだが、身体も
また、自分のものでありながら、正しく理解し、受け入れて
使わせてもらっている人は少ない。

身体を知り、正しく使いこなし、コントロールすることが
できることは、それ自体もまた楽しいプロセスである。

ゴールを目指しながら、歩むプロセス自体がまた、楽しい目的でもある。
究極の旅である。

☆☆
ハタヨガ・ベーシッククラス    火曜日・木曜日  午前10:00-11:30
 マタニティ・ヨガ(通常クラスで参加可)

ハタヨガ・ナイトリラックスクラス  火曜日・木曜日  午後19:15-20:45
マタニティ・ヨガ(参加可能)
☆☆☆
週末ワークショップ       不定期
瞑想・呼吸法   不定期
サットサンガ

top




ページ先頭へ戻る


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。