メニューへ移動する


Home >> NewsLetter >> 価値基準

価値基準



最近の世の中というのは、ネットやSNSなどの媒体やマスコミメディアや世界中のニュースや情報がそれぞれの個人や団体が自分の価値基準や利益に従って、自由にある意味好き勝手にそれを世界中に発信したり、扇動するということがたくさんありますね。


世の中には、それぞれたくさんの価値基準があって、一つではないのですが、自分がどう考えて、どう発言して、どう行動するかというのは、とても大切なことなのです。当たり前のことようですが、どう考えて→想像力・発想力・論理的思考力・知識・経験、どう発言して→思いを正確に言葉にする力・適切な言葉を選ぶ力、豊富なボキャブラリーと経験則や知識、どう行動するか→
実行力・言葉に出したら実行するという意志力・実現能力、そういったことが、自分の人生を自分らしく生きるためにはとても重要です。

ヨガでは、思いと行いと言動は常に一致するように説かれます。それがヨガ=自己統一性そのものだからです。
一人ひとりが、そういった実践を積み重ねることで、自分という人間が表裏なく、有言実行、思いと行動が一致している人になることで、それが周囲の人間によい影響を及ぼし、社会全体がそういった高度に成熟した社会になっていくという考え方なのです。

それでも、価値基準というのは人それぞれで、それぞれの基準で日々判断し、ジャッジし、発言し、そういったエネルギーを拡散させていくのですが、自分自身の価値基準をしっかりと持って、それを見失わないようにしたいものです。価値基準は、頑固頭とは少し違っていて、またジャッジメントでもありません。

そういった価値基準をクリアに意識しながら生きるためには、不十分な情報や、ソースのはっきりしないニュースをうのみにしないとか、好きとか嫌いとかいった感情に左右されないとか、より高いレベルの価値基準にてらして判断できるとか、ある一定のスペース感がすごく大事になってきます。ここでいう、スペース感は、距離感とか客観性といったニュアンスですが、いろんな面でのスペース感が大事です。

感情的な人は、そういったスペースがなんらかの原因で失われてしまって、感情と自分自身という存在が一体化しすぎて、爆発する、あたかも自分自身が感情そのものであるかのように。でも冷静に考えれば、わたしたち人間は感情そのものではなく、感情をコントロールできるはずの主体者であるのです。

もやもやと悩み多き人々は、おそらく様々な価値基準をすべて抱えて、どれも手放すことができずに、選べずに行動に移せずにいるという状態でしょうか。

こういった状態の人は、身体や心や思考の中にスペースを持たないので、そういったよくない状態であること自体に気づけず、主体を発見できないため、身体にストレスや感情や疲労をため込むことになってしまいます。

それはとてももったいないことです。


手段はいろいろあります。まず、自分自身の価値基準を明確にクリアにしていきましょう。
プライオリティを何に与えるか、それ自体があなたの生き方になります。
そして実践し続けてください。大げさなことではなく、日常の些細なルーティーンから始めましょう。

私の場合は、そのすべての解決策がヨガなのですが(笑)、身体も心も呼吸もフリーにして、クリアなマインドで
この私たちの素晴らしい世の中を見てみましょう。生きているということの恩恵と価値を心にとめて、毎日を大事にしていきましょう。すべての物事には、必ず終わりと始まりがあって、始まったものは終わりますし、終わったら何か新しい始まりが必ずあるのです。そのすべてを受け入れて、正しい価値基準ではかってみましょう。

多くの人が、最終的には素晴らしい価値基準で心穏やかに、身体健やかに過ごしてほしいと思う今日この頃です。

top



Comment

Comment form
 ※コメントの修正・削除の際に必要です

管理者のみ読めるようにする



ページ先頭へ戻る