FC2ブログ

メニューへ移動する


Home >> スポンサー広告 >> スポンサーサイト

Home >> What's YOGA >> 本物になる。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

top


本物になる。


前回までいろいろな難しそうなお話もしましたが、実際にヨガにはまると、ヨガの8つのステップで言われるYAMA、NIYAMAの部分がとても重要であることが身にしみてわかってくるようになるのです。

ヨガの大事な考えとしてコレを読まなくても、普通に大切なことが書かれているのです。普通に生きることにとって大切なことだとは思いませんか?

 本当に綺麗な人、すがすがしい人というのは、外側だけでなく内側から美しいしすがすがしいココロを持っているはずです。もし、外側だけ美しく内側がぐちゃぐちゃな人がいたら、その人はヨガをするべきです。本物になるために。外側と内側を統一するために。サウチャという考えをココロにいつもとめて置いてください。
 本当にやさしい人は、外側(他人や自分以外の人)すべてにやさしいだけでなく、自分自身にも優しいはずです。もし、人にはやさしくできるのに、自分をないがしろにしている人がいたら、正しくヨガを学んでください。本当にやさしい人になるために。
アヒムサーの考えを正しく理解してください。
 いつもいつも、現状に満足できず、もっともっとと上ばかり見ていませんか?自分の手にすでにあるものをしっていますか?アパリグラハ、ブラフマチャリア、アスティヤ、サントーシャのココロを忘れないでください。

自分という存在は、思うことから始まり、言うこと、行動すること、で自己実現していきます。思うことは、想像することであり、創造の始まりです。

ヨガのポーズを練習するときに大事なもうひとつのことは、センセイのガイドをよく聞くこと。想像力をよくつかうことです。
ヨガのポーズには動物やものの名前がついていて(犬とか猫とか・・・)それを真似る形が始まりであるというのも想像力を使う一つの現れです。

人間の持つイメージのパワーはすごいものです。今現在、世の中に存在するすべてのものや出来事は、人間がイメージし、発想し、想像したものだからです。 だから、ヨガに限らずですが、物事を始める際にはイメージってとても大事。イメージを働かせて身体を動かすのと、センセイの言葉に従って、ただ外側の見た目を真似するのでは全然進歩が違います。

教えながら感じるときがあるのですが、例えば「少し身体をゆすって」とか「ゆっくり動かして」などの抽象的な指示をして生徒さんの動きを見ていると、本当に十人十色、人それぞれの「少し」度や「ゆっくり」度の違いについて驚かされます。
それでいいのです。自分の中で、自分の尺度で、判断して、イメージして身体を動かしてください。すると、ただ見たままを真似したときには、感じられない、気づかない何かを発見することがたくさんあるのです。。
そこで疑問が生じたり、感覚を味わったりすることが大事な身体の学習です。

目を使いすぎないでください。目に見えるものばかりを追いかけないでください。
最近の人は、目を使う仕事をしている(ここもそうですが、PCなど)人が多く、ただでさえ仕事で神経を使うのに、目をたくさん使って脳に負担をかけています。
いろいろな音や情報や、脳を刺激するゲームや携帯、テレビなど。。。。少し脳にもスペースが必要です。

そういう私も昔、脳ばかりを過信して、身体を軽視して自分を省みず、身体を壊した経験があります。そのとき助けてくれたのが、ヨガであり、海でした。ヨガが自分を変え、海が浄化し、気づかせてくれたことがたくさんありました。

目には見えないけど感じるもの、ちょっとした気づき、ちょっとした感覚を逃さないようにしてみてください。センセイの誘導をよく聞いてください。よく聞いてわかろうとしてみてください。センサーを敏感にしてアンテナをピンと張ると、そのときの自分に必要な物が感じられてきます。

最初は、形をまねる必要もあります。覚えなくてはならないこともあります。

そうやって、ヨガを知って感じて、また再び知ってほしいのです。
大切なことを。本物になるために。
本当のヨガとは、どんなものかを。
ヨガに終わりはありません。もうこれでいい・・・・・・もありません。

本当のヨガは、道なのです。それはエンドレスです。
道は人が途中であきらめない限り、投げ出さない限り続きます。

本当のヨガは、何かをすることではありません。
ヤマ、ニヤマを実践しながら生きることそのものです。
ヨガの練習は、アサナや呼吸法や瞑想は、それを助けてくれるにすぎません。
でも、それはそれは心強いサポーターなのです。
くじけたり、なまけたり、病気になったり、あきらめたり、面倒くさくなったりしても、でも自分を助けてくれるとてもとても、頼れるパートナーなのです。
そんな頼りになるサポーターを知らないのは、もったいない!!というのが私のキモチ。もっともっと、ヨガを知ってほしい、正しく伝えたいというのが私がヨガを教えようと思った理由なのです。

次回は、ハタヨガの3つの柱のうちASANA(ポーズ)の部分について、具体的に掘り下げてみたいと思います。

top



Comment

Comment form
 ※コメントの修正・削除の際に必要です

管理者のみ読めるようにする


Trackback

このエントリーのトラックバックURL
http://sunrize818.blog75.fc2.com/tb.php/7-289874ce
引用して記事を書く(FC2ブログ用)



ページ先頭へ戻る


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。