メニューへ移動する


Home >> スポンサー広告 >> スポンサーサイト

Home >> NewsLetter >> つながる

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

top


つながる


今回のお話のキーワードは、「つながる」ということ。

ヨガを始めたばかりの人も、長く続けている方も、ヨガっていう単語が、ユジュ=つながる・・・という言葉に
ルーツを持つっていうことは、聞いたことがあるでしょう。

まずは、自分自身がつながること。

そして、周りの人とつながること。

そして、生活する地域とつながること。

社会とつながり、世界とつながり、自然界とつながり、宇宙ともつながる。

なんだか、最後は壮大すぎちゃって意味がわかんないかもしれませんが。笑))

ヨガをはじめてから、このことを知識として知り、実際に行動して実感し、身をもって体感しています。

自分自身が、統一されていない状態。自分で自分のことを知らない状態。
言ってることが、行動を伴っていないとか、行動と言動が違う、などはこれにあたります。
思っていることと、やっていること(行動)が一致している状態がヨガです。

もちろん、一致しているからといって、人から見て、その行動がすべて素晴らしいとか
いいことばかりであるとは限りません。それは、また別の次元の話です。

周りの人、自分の身近な人から始めます。
親、兄弟、夫や妻、子供、祖父母、先生、生徒、友達、仕事の同僚。
そういう人たちと、つながります。
何かの理由があって、そのような縁ができます。これは決して偶然ではありません。

私たちのこと、ただ、自分のことを考えても、自分が今ここにあるという事実。

自分の両親が結婚して生んでくれなければ、ココにはいません。
そして、自分たちの親も、またのその親である祖父母が結婚して生まれなければ
そこにはいません。
その祖父母も、またその両親が結婚して生まれなければ、ここには今の自分はいないのです。

こうして、自分のルーツをたどると、自分がここにいるという事実。

ソウルメイトという言葉、ご存知の方もいるでしょう。

これは、ある種の特別な関係の人のことをさす場合もあるようですが、そうではなくて。
自分の周りに今いる人、かかわってる人、すべてソウルメイトと考えていいでしょう。

おそらく、もとのもとのもと・・・・・とたどっていけば、人間は始まりは数人だったに違いありません。

そう考えると、本当に今これほどいる人間のすべてが、いつか、なんらなかのカタチで繋がっていなかった
ということを考えるほうが難しい。

そういう意味でも、また現にコレだけたくさんの人間がいるこの現在で、自分という人間が一生の間に
出会う人のひとりひとりが、自分にとって何らかのご縁がない、とは考えにくいでしょう。

そうすると、やはり自分を取り巻く人々、かかわりのある人というのは、いろんな意味で、全員がソウルメイト
なのです。

お互いに、メイトから学んでいるのです。よいことであろうと、わるいことであろうと。
自分はどういう人間であるのか、ということを思い知るために、教えてくれています。

自分に接する、あらゆる人から学びがあります。

私たちは、それによって自分が何者であるか、どうでありたいか、どうすればいいのか、
ということを常に学びながら生きています。

それこそが、ソウルメイトです。

そういうつながりの中で、周りの人と繋がることで、自分の中の自分とつながり、しり、わかることがあります。

そうすると、必然的に、自分がいる場所についても繋がることがより広い世界や視野をもたらしてくれます。

なんらかの理由で、そこにいる意味があります。

そこで起こる問題があれば、それにも意味があります。

それは、繋がることが前提です。人や地域と繋がらない場合には、意味や問題などは起こりませんから、
そこにありながら、自分に必要な学びの機会を失うということになります。

たいがいは、その理由は、自分から起こっていると考えて間違いないでしょう。

天災などの不可抗力の場合は別にして、いいことも悪いことも、自分が撒いた種が発芽しているにすぎませんから
自分のまいた種を、ようく探してみることが大事です。

このように、自分から始まる探す旅は、どんどん自分の外側の世界へ果てしなく広がっていくことが出来ます。

そのたびごとに、外へ広がるたびごとに、おそらく自分の内側を知ることになるのです。

ヨガは、このような旅をすすむのに、とても役に立つ道具です。

あるときは、旅のヒントをくれたり、感情を穏やかにしてくれたり、冷静さをもたらしてくれたり、
地図をくれたりします。喜びや、もしかすると悲しみもあるかもしれません。
厳しさや、あたたかさもあるでしょう。

よく日本人が、外国で暮らし、もどってくると、外に出て初めて日本のよさがわかった・・・・っていうことが
ありますが、まさにアレです。

自分の中にこもっているうち、自分の中だけで解決しているうちには知らないこと、わからないことは、
外に出て行って、外の世界をみることで、内側(自分自身)というものをより深く理解できるのです。

人とかかわって、社会と繋がって、さまざまなことを知ることで、自分というルーツをよりよく理解することができます。

繋がるには、踏み出すことが第一歩です。

それは、自分自身で行動するしかありません。

まちがっても、なんでも自分で決めて自分で行動することが大事です。

結局繋がってますから。

自分が発したものが戻ってきます。もどってきても、自分が発したものだから仕方ありません。

発することがない人には、戻ってくるものはなくなります。

与えなければ、与えられないのです。


呼吸は、吐き出すことで、自然にまた吸う息に戻るのです。意識しなくても。

EXHALE、

INHALE、

 BREATHE DEEPLY!!

top



Comment

Comment form
 ※コメントの修正・削除の際に必要です

管理者のみ読めるようにする


Trackback

このエントリーのトラックバックURL
http://sunrize818.blog75.fc2.com/tb.php/79-b9c937c1
引用して記事を書く(FC2ブログ用)



ページ先頭へ戻る


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。